P113(200ml入り)
5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6 5ed3459a55fa0330b5c06ac6

P113(200ml入り)

¥2,200 税込

送料についてはこちら

車内装に付いた手アカやお化粧など比較的簡単な汚れ落としに 【効果】 様々な汚れ、車内装に付いた手アカやお化粧、飲み物のこぼし跡など比較的簡単な汚れに対応しています。 簡単な汚れなら、タオルに数プッシュして軽く拭くだけ、もう少し頑固な汚れはスポンジに付けたりブラシに付けて丁寧に擦って仕上げます。 それ以上頑固な汚れになったらP113-IIに任せましょう。 P113にはP113、P113-II、P113-III(只今欠品中)の3種類があり、それぞれ使い分けて気になる汚れを落としましょう。 P113は簡単な汚れ落とし用、P113-IIは油汚れなど頑固な汚れ落とし用、P113-IIIはキャンピングカーなどFRPやアルミパネルの汚れ落とし用です。 【使えるパーツ・素材】 車のハンドルやシート、フロアマットなどの内装、エンジンルームの金属部分(梨地)、換気扇、革製椅子・ソファー、身の回りの小物類など。 革(本皮、合皮)、織り物、プラスチック、ゴム、金属(梨地)など。 【届いてすぐに使い始められる付属品】 P113本体(紺色ラベルの容器)他、スポンジ等、すぐに使い始められる付属品が付いています。 ・P113本体(200ml入り) プッシュスプレーボトル ・角型スポンジ ・拭き取りタオル(素材:綿) ・竹串 【使用例1 車の内装】 P113をタオル、スポンジ等に少量付けて小さな範囲毎に擦って、汚れが浮いたら乾く前にタオルで拭き取ります。 施工前に、P113のボトルをよく振って中身をよく撹拌しておきます。 《施工1-1》 仕上げ前の汚れ(恐らくお化粧付いたもの)の状態です。 《施工1-2》 少量タオルに付け、軽く押さえて細かく軽く擦ります。 《施工1-3》 細かく縦横円を描くように擦っていくと細かい凸凹に詰まった汚れも落ちていきます。 《施工1-4》 一気に広い面積を仕上げようとせずに10~20cm四方毎に施工します。 《施工1-5》 最後に乾いたタオル(P113を付けて擦ったタオルの裏面など)で丁寧に拭けば、仕上がりです。 《施工1-6》 まだ縫い目の部分にも少し白く見えますが、同様に施工すれば落ちるでしょう。 【使用例2 腕時計の金属製バンド】 《施工2-1》 細部に汚れが詰まっている(はず)の状態です。 《施工2-2》 タオルを敷いて、P113を全体的に吹きかけます。 《施工2-3》 細部に詰まった汚れもかき出すため、細かく丁寧にブラッシングしていきます。汚れの落ち具合を見ながら何度か繰り返します。 《施工2-4》 バンドをずらすと汚れが落ちていることが分かります。 《施工2-5》 最後に、バンド表面に残っているP113と浮いた汚れをタオルで拭きます。 《施工2-6》 同じように裏面もお手入れをしてしっかり汚れを落としましょう。 【使用例 その他】車内装以外の身の回りの小物にも 車の内装、プラスチック素材の他、腕時計などの身の回りのものをお手入れすることができます。 ・車の内装(ドアの内張り、ダッシュボードなど) ・身の回りのもの(キーボードなど) ・靴・鞄(ゴルフシューズなど) ・身の回りのもの(腕時計のバンドやアクセサリーなど) ・その他の簡単な汚れ 【簡単アドバイス】 《P113の付け方》 プッシュタイプなら1~2回、トリガータイプなら1/2回程度タオルの端にスプレーしてください。 《拭き取り用のタオルについて》 拭いているうちにタオルが汚れてきますので、タオルの面を変えながら、そして、付属のタオルだけで足りないときは別のタオルを用意するなどして拭き取ってください。 P113で浮いた汚れを拭き取るためのタオルと仕上げに拭くタオルと2枚用意すると施工しやすくなります。 仕上げに使うタオルは乾いたタオルを使いますが、汚れを拭き取るタオルは濡らして固く絞ったタオルでも構いません。 《手が入らない狭い場所の拭き取り》 手が入らないような箇所は、竹串を使って(竹串をタオルで包んで)仕上げてください。 【注意】 ・一気に広い範囲を仕上げようとすると、キレイになった部分とならなかった部分の差ができて斑に見えるようになりますので、根気よく小さな範囲を細かく丁寧に施工するようにしてください。 ・素材に直接吹きかけると、斑な仕上がりになることがあるので、スポンジやタオル、時にはブラシを使って丁寧に仕上げてください。 ・P113が乾いてしまうと、浮いた汚れが再度付着してしまうことがありますので、P113-IIで汚れが浮いたら、乾く前にしっかり拭き取るようにしてください。 【詳しい使い方】 弊社ブログや動画で詳しい使い方を解説していますので、そちらも参考にしてみてください。 https://www.kasaikobo.jp/referencebook/