窓ガラスコート(80ml入り)
5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb 5ecfd7d634ef0172ac5927bb

窓ガラスコート(80ml入り)

¥2,200 税込

送料についてはこちら

車やバイクの窓ガラス・鏡の汚れ落とし透明感アップに使えるクリーナー 【効果】 ガラス、ミラー、ワイパーゴムの汚れ落とし、油膜除去に使い、透明度をアップさせます。 愛車の窓ガラスを仕上げることで雨天時、夜間時の見通しが良く、快適な視界を保つことができます。 【使えるパーツ・素材】 車やバイクの窓ガラス・鏡のほか、メガネ、サングラス、バイクヘルメットのシールド、ゴーグル、スマホなどにも使えます。 また、住まいやお店の窓ガラス、鏡の他、ショーケースなどお店の什器にも使うことができます。 ガラス専用ですが、カーフィルムや表面をラミネート加工したステッカーに施工しても問題ありません。 【届いてすぐに使い始められる付属品】 窓ガラスコート本体(青いラベルの容器)他、スポンジなど、すぐに使い始められる付属品が付いています。 ・窓ガラスコート本体(80ml入り) ・角型スポンジ ・拭き取りタオル(素材:綿) 2枚 ・竹串 ※滑り止め用の軍手は付属しません。 【使用例1 車のサイドガラス】 窓ガラスコートは、塗って乾いたら拭くだけの簡単施工です。 施工前に、窓ガラスコートのボトルをよく振って、容器の底に溜まっている沈殿物を溶かしておきます。 あとは、スポンジに少量付けて満遍なく塗り残し無く塗って、しばらくして全体が乾いて白くなったら、タオルで拭き取るだけです。 手が入らないような箇所は、竹串を使って(竹串をタオルで包んで)仕上げてください。 もし汚れが酷いときは、事前に水で濡らしたタオルで拭いておくことをオススメします。 《施工1-1》 サイドガラスのような狭い面積なら2~3滴をスポンジに付けます。 《施工1-2》 フロントガラスのような広い面積なら1筋をスポンジに付けます。 《施工1-3》 塗ったことが目立つ色の濃いサイドガラスで説明します。 《施工1-4》 全面にしっかり塗ります。 《施工1-5》 塗り終わってしばらく(暑い時期なら1~2分、寒い時期なら5~10分)経つと白く乾きます。 《施工1-6》 滑り止めの付いた手袋(軍手)をはめて、1枚目のタオルでザッと粗く拭き、2枚目のタオルで拭き残し無く丁寧に仕上げます。 《施工1-7》 これで終了です。 【使用例2 モニター】 モニターでも窓ガラスや鏡と使い方は一緒です。 ただし、モニターの種類によって(表面に細かい凹凸があるもの)は拭き取りにくく白く残ることがありますのでご注意ください。 (表面がザラザラしているものはP113またはP113-IIをお使いください。) 《施工2-1》 指紋だらけのモニターを施工します。 《施工2-2》 1滴だけ付けたスポンジでモニター全体に塗ります。 《施工2-3》 白く乾くまで待ちます。 《施工2-4》 白く乾いたらタオルで拭きます。面積が小さいのでタオル1枚だけで拭きます。 《施工2-5》 指紋の跡がしっかり消えました。 【使用例 その他】車やバイクに限らず、住まいやお店でも使える 車の窓ガラスや鏡(バイクのミラーも)以外にも、ガラスや鏡なら、お住まいやお店にあるガラスや鏡もお手入れすることができます。 ・住まいの窓ガラス ・マンションのエントランス ・店舗の窓ガラス ・ジュエリーショップのショーケース ・食器棚の扉のガラス ・ガラステーブル ・ヘルメットのシールド ・メガネ・サングラス ・スマホ、携帯電話の画面 ここに挙げたガラス・鏡以外に、ガラス製の装飾品、花瓶等のお手入れにもお使いいただけます。 【注意】 ・自動車の点検ステッカーなど表面がラミネートされていないシールには塗らないでください。 ・すりガラスやコンタクトレンズ、実際に口をつけるコップや食器などには使えません。 ・うろこ状のシミになっているものは落ちません。 【詳しい使い方】 弊社ブログや動画で詳しい使い方を解説していますので、そちらも参考にしてみてください。 https://www.kasaikobo.jp/referencebook/